鏡を見ている女性

ヒルドイドはヘパリン類似物質を主成分とする医薬品です。高い保湿力、血行促進効果などを持っており、傷を治すことはもちろん、美容やアンチエイジングの分野でも注目されています。そんなヒルドイドのジェネリック医薬品の1つがヒルドイドフォルテクリームです。ヒルドイドフォルテクリームには保水、血行促進、抗炎症という3つの効果があります。肌乾燥で悩んでいる方にうってつけと言えるでしょう。

ヒルドイドフォルテクリームは皮膚の表面だけでなく、皮膚構造そのものを改善することが出来ます。肌の保水力を大幅にアップさせることにより、肌の再生を助長してくれる仕組みになっています。ワセリン製剤に比べるとべたつきが少ないことに大きな特徴があります。皮膚のかさつき、ひび割れ、かゆみなどに効果を発揮します。尿素を含まない低刺激のクリームとしてヒルドイドフォルテクリームは注目されています。

ヒルドイドフォルテクリームには保湿成分が多く配合されているという特徴もあります。一般的なヒルドイドの約1.5倍ほどの保湿成分が含まれているので、皮脂欠乏症の方も使いやすい製品です。保湿剤を使ってみたいという方にもうってつけとなっています。

ヒルドイドフォルテクリームに配合されているヘパリン類似物質は医薬品に使用される成分なので、怪我や傷の治療にも使うことが出来ます。霜焼けや腫れなどの症状を改善したい時にもぴったりです。ヒルドイドフォルテクリームを使うことにより、血行促進を行うことによってニキビ跡への効果も期待できます。ニキビ跡ができる原因には様々なことが挙げられますが、その大きくには内出血が関係しています。ヒルドイドフォルテクリームを使うことで血行を円滑にして内出血を改善すると、ニキビ跡を綺麗に出来る可能性があります。ヒルドイドのジェネリック医薬品であるため、ほとんど同様の効果を期待できます。ニキビ跡、傷跡などに悩んでいる方にお勧めの医薬品と言えるでしょう。肌の再生による皮膚の回復なので負担が大きくなることもありません。これまでに他の保湿剤で肌の再生を行えなかった方も使うことで効果を実感できる可能性があります。

有効成分であるヘパリン類似物質には親水基と呼ばれる部分があります。これは水になじみやすい部分であり、保水力を高める大きな要素となっています。有効成分に無駄なものが含まれていないため、低刺激の医薬品であるという特徴を持ちます。シミ、傷跡を改善していくためにはこのクリームを継続的に塗る必要があります。数か月、数年というスパンで使用することで効果が表れやすくなります。ヘパリン類似物質は副作用の少ないものではありますが、肌に大きな異変が見受けられたときには使用を中断し必要に応じて医師の診断を受けるようにしましょう。具体的な副作用としては皮膚炎、かゆみ、発赤などが挙げられます。キズなど粘膜が露出しているところに塗る時は、沁みないように注意して使用することが重要となっています。シミやニキビ跡にも効果が期待できる医薬品ではありますが、そのためにはなるべく早く使い始めることが大切です。薬の使用開始が早ければ早いほど効果が円滑に出やすくなります。ヘパリン類似物質には血液凝固抑制作用があり、血液を固まるのを抑えるアンチトロンビンというたんぱく質を活性化することが出来ます。ヒルドイドは幅広い方にとって使うことが出来る医薬品ですが、出血性血液疾患の場合は使用出来ません。血液を固める成分が少ない方の場合は、血行促進効果が出すぎてしまうこともあるからです。心配な場合は病院で検査を受けて、血液に異常が起こっていないことを確認することも重要となります。