• ホーム
  • 意外と知らない!あなたはニキビができる理由を説明できますか?

意外と知らない!あなたはニキビができる理由を説明できますか?

2019年11月28日
スキンケアをしている女性

ニキビが出来る理由はいくつかありますが、その多くに共通しているのがアクネ菌が増殖しやすい状態になっていることです。アクネ菌は人の皮脂をエサとして増殖を続けます。皮脂の分泌量が多いとアクネ菌にとって都合の良い環境になるので、ニキビができやすくなります。また、毛穴が詰まることもニキビが増える大きな理由の1つと言えるでしょう。思春期などどうしても皮脂の分泌量が多くなる時期はあります。そういった時期でないにも関わらず、皮脂の分泌が増えている場合は生活習慣の改善やストレスの緩和をすることで、皮脂分泌を減らすことが出来ます。

生活習慣において皮脂分泌と大きな関係があるのが脂の量です。人は食事の中で脂を含む食材を摂取しています。一定量の脂は生命を維持する上でも重要となりますが、摂りすぎると皮脂分泌を増やすことに繋がってしまうことがあります。肉を食べる上でも部位によって脂の量は大きく異なります。それゆえに皮脂分泌量を減らしたいのであれば、脂の少ない部位を選ぶことも重要と言えるでしょう。睡眠も非常に大切です。睡眠中には皮膚もリラックスした状態になります。睡眠時間が短いと皮膚がリラックスできる時間が減ってしまい、サイクルが乱れて皮脂分泌などが増えることもあります。肌もしっかりと休ませることが大切です。

ストレスが溜まっている時もニキビができやすいとされます。ストレスが溜まると肌の緊張状態が長く続くため、新陳代謝のサイクルも崩れることがあります。その結果、皮脂が詰まりやすくなってニキビの発生に繋がります。これがストレスでできやすくなる仕組みです。ニキビが出来るときには先に炎症が起こることもあります。炎症は肌が異物に対して反応を示している証拠でもあり、その状態を放置するとニキビがどんどんできてしまうケースも起こり得ます。炎症が起こったときには肌がSOSを出していると判断し、スキンケアをより丁寧に行うことが大切になります。しかしながら洗顔などを過剰に行うことは逆効果です。洗顔を過剰に行うことにより肌にとって助けとなる成分までも流してしまい、むしろニキビが出来ることを促進してしまうこともあります。それゆえに炎症が起こった時であっても洗顔は適度に行い、必要な保湿を実施するようにしましょう。保湿を行うことで新陳代謝を高めることが出来れば、肌トラブルを発生させない状態を作れる可能性もあります。毛穴はアクネ菌が増殖しやすい場所です。毛穴をしっかりと閉じることが出来なければ、増殖が活発に行われてしまい、ニキビに繋がってしまうことになります。その仕組みを知っておくと毛穴を綺麗にしておく重要性が見えてきます。クレンジングなどをしっかりと行い、毛穴を綺麗にしておくことで毛穴が閉じやすくなり、菌の増殖を減らすことが可能となっています。肌トラブルの原因はいくつもあるので、その分対策も多岐にわたると言えるでしょう。食事が原因になっているケースも珍しくありません。