• ホーム
  • 美肌を保つならメイク落としに力をいれろ!

美肌を保つならメイク落としに力をいれろ!

2020年02月14日

美肌を保つということにおいてメイク落としは非常に重要な要素となっています。化粧品の成分が毛穴などに残った状態で1日以上が経過してしまうと、皮脂が詰まりやすくなります。その皮脂つまりは様々な肌トラブルを引き起こすことがあります。メイク落としをさぼってしまうことは大きなリスクを生むと言えるでしょう。かといって力を入れすぎて肌に刺激を与えすぎることは逆効果となります。自分のメイクに合った方法でメイク落としを行うことが大切です。メイク落としをする際にはクレンジングと洗顔という2つの段階があります。このどちらかだけでも落としきることは難しいと言えるでしょう。あくまで両方を行うことが重要となります。

クレンジングにはクリームやオイル、ジェル、ミルクなどがよく使われています。このうちクリームやミルクは比較的刺激性が低く、敏感肌の方でも使いやすいとされます。しかしながら、しっかり目のメイクの場合はオイルやジェルを使わないと落としきれないこともあります。それゆえにしっかり目のメイクをした場所にはオイルやジェルを、さっぱりメイクのところにはクリームやミルクを使うことが有効と言えるでしょう。このようにクレンジングを使い分けることは刺激を減らしつつ、確実にメイクを落とす上で重要となっています。肌質に合わせてクレンジングの種類を選ぶことも有効です。敏感肌の方は特に低刺激性のクレンジングを選ぶことが重要であり、しばらく使って肌トラブルが起こった場合はクレンジングの種類を変えるということも十分に考えられます。

クレンジングが完了したら洗顔もします。洗顔を行うことで顔全体を綺麗にすることが出来ます。洗顔は基本的にぬるま湯で行います。クレンジング後の肌は無防備になっているので洗顔料は低刺激性のものを選ぶことが大切です。脂性肌や乾燥肌など肌質に合わせたものを選択します。ここで刺激を与えることは肌トラブルの原因に繋がってしまいます。美肌を維持したい場合は洗顔が完全に完了するまでサボることが厳禁となります。洗顔が終わったら丁寧にふき取って完了です。

メイク落としをサボることは肌トラブルの大きな原因の1つとされます。忙しい中で毎日のようにメイク落としを完璧にこなすことは容易ではありません。しかしながら、肌トラブルが発生してしまうと一層スキンケアが大変になります。多少面倒でも意識的に丁寧にメイクを落としていくことが重要といえるでしょう。普段どのくらいの化粧をしているかによって、メイク落としの方法も少し変わります。肌質だけでなく、化粧品に合わせたメイク落としが重要となります。化粧をしたままで眠ってしまった場合には起きてすぐに落とすようにしましょう。メイク落としに失敗したときにはいつも以上にスキンケアに力を入れる必要があります。上手くリカバリーすることが出来れば、失敗を取り戻すことが出来ることも覚えておきましょう。